会計細則

第1章 総則

(適用)
第1条 本会の会計に関する事務は、この細則による。

(会計係)
第2条 会計係は、現金、預金通帳並びに会計に関する帳簿及び書類を保管する。
2 会計係は、その保管する現金を私金と混同してはならない。
3 会計係は、その保管する現金、預金通帳を盗難その他により亡失した時は、直ちに理事会に報告し、指示を受けなければならない。

(予算・決算科目及び予算執行等)
第3条 収支予算書、収支決算書、その他の様式は、別に定めるところによる。
2 予算の流用については、総会の議決を経なければならない。ただし、理事会において専決処分することを妨げない。

第2章 収入支出取扱事務

(必要書類)
第4条 収支計算出納には、次の書類を必要とする。
 (1) 入金伝票又は出金伝票
 (2) 証拠書類

(入金伝票)
第5条 入金は、入金1件ごとに1枚の入金伝票を起票する。
 ただし前年度繰越、利息等の軽微な入金は起票する必要がないものとする。
2 入金伝票の記載事項は、会計様式第2号による。

(出金伝票)
第6条 出金は、入金1件ごとに1枚の入金伝票を起票する。
 ただし、送金手数料等軽微な出金は起票する必要がないものとする。
2 出金伝票の様式は、会計様式第3号による。

(領収証の徴収等)
第7条 当会は、金銭を支払った時は、次に掲げる場合を除き債主から領収証を徴収しなければならない。
 (1) 特別な事情により領収証を徴収することができない時は、金額を証明する書類及び理由書の提出を経た後、理事会の承認を受けることにより領収証に代えることができる。
 (2) 口座振替により支出した場合で、1件の支払額が10万円以下のものは、通帳記載により領収証に代えることができる。

(概算払・前金払)
第8条 概算払いは原則として認めない。各活動清算後に入金・出金することを基本とする。
2 前もって経費の額が決まっているもので、経費の性質上前金をもって支払いをしなければ活動に支障を及ぼすような経費は、理事会の承認により前金払いすることができる。

第3章 記帳事務

(会計主要簿)
第9条 会計主要簿は次の帳簿とする。
 (1) 金銭出納簿
2 会計主要簿は、会計年ごとに更新しなければならない。

第10条 金銭出納簿は、取扱日付順に転記しなければならない。
2 金銭出納簿には、次の事項を記載する。(会計様式第1号)
 (1) 取扱年月日(通帳記載年月日)
 (2) 入金伝票又は出金伝票の番号
 (3) 収入科目又は支出科目(活動名称・イベント名称)
 (4) 入金金額又は支払金額

第4章 予算及び決算事務

(収支予算)
第11条 収支予算書は活動名称・イベント名称ごとに記載する。

(収支決算書等の作成)
第12条 会計係は、収支決算書を作成し、出納の閉鎖後理事会に提出しなければならない。

第5章 補則

(帳簿書類等の保存)
第13条 会計に関する帳簿書類等は、5年以上保存しなければならない。

付則
この監査細則は第六回総会(平成22年11月27日)にて承認を受け、平成23年1月1日より施行する。

様式
金銭出納簿・・・会計様式第1号
入金伝票・・・会計様式第2号
出金伝票・・・会計様式第3号
請求書・領収書・・・会計様式第4号