会則

第1章 総則

(名称)
第1条 本会は、長崎新社会人ネットワークと称する。

(目的)
第2条 本会は、長崎県の若手が業種を超えた交流を通じて刺激を与えあうことで、互いに人的成長に寄与しあい、主体的に今後の長崎県のあり方を考え行動していくことを目的とする。

(活動)
第3条 本会は、第2条の目的を達成するため、以下の活動を行う。
(会員限定)参加資格は当会の会員に限定する活動
1 定例会・総会
2 ホームページ・メーリングリスト運営
(限定なし)参加資格はイベント毎の担当者及び主催者の判断による。
3 自由参加による各種イベント(運営及び支援・補助)

(決裁)
第4条 会員が次に掲げる事項を行おうとするときは別に定める決裁様式により代表の決裁を受けなければならない。
(1) 会員が本会の名称を使用して活動を行う場合(様式1号)
(2) 本会の名称を使用した活動に係る収入・支出を行う場合(様式3号)
(3) その他異例と認めるもの
2 前項の規定にかかわらず、定例会の運営に関しては定例会実施要領による。
3 第1項の規定にかかわらず会計係が軽微な支出(振込手数料等)を行うときは代表の決裁を必要としない。
4 代表に事故があるとき、また県内を一時的に離れその職務を果たすことができないときは、あらかじめ代表が指名した者がその決裁を代決する。

(活動報告)
第5条 会員が本会の名称を使用して活動を行った場合、活動終了後1ヶ月以内に実績報告書(様式2号)及びその他必要書類を添付して代表に報告しなければならない。
2 代表は活動報告書に疑義が生じた場合、会員に説明を求め、必要な場合は理事会に報告しなければならない。

第2章 会員

(会員の資格)
第6条 勤務地もしくは居住地が長崎県にあり、本会の目的に賛同する新社会人、またはそれに準ずる者は本会の会員となる資格を有する。

(入会)
第7条 本会の会員になろうとする者は、その旨を理事会に申し出て許可を得なければならない。

(会費)
第8条 入会費は徴収しない。総会時の懇親会・定例会においては、会費を徴収し、通信費・事務費その他の活動等に充当することができる。会費は、総会で決めるが、社会通念上相当額の範囲内とする。

(会員の除籍)
第9条 会員の行為もしくは言動が当会の目的または社会の規範に根本的に反すると代表及び理事会が認定した場合、その会員は当会への参加資格を失う。

第3章 役員等

(役員の定義及び選任)
第10条 本会に次の役員をおく。役員は総会において会員の中から選任する。
代表  1名
理事  1名以上
監事  1名

 2 本会における「役員」とは原則35歳以下の社会人と定義する。

第11条 代表は、本会を代表し、その業務を総理する。

第12条 代表に事故のある時は、その職務を理事の中から互選し、代表が欠けたときは、その職務を行う。

第13条 理事は、理事会を構成する。

第14条 監事は、本会の業務を監査する。

(役員の任期)
第15条 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。補欠のため選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の報酬)
第16条 役員の報酬については総会で決める。
2 役員の旅費については支給しない。

第4章 総会

(総会の開催等)
第17条 総会は、理事会が必要と認めるとき、または会員総数の4分の1以上から請求があった場合は、臨時総会を開催しなければならない。

(総会の議決)
第18条 総会の議事は、出席会員の過半数で決する。総会の議長は、代表がこれにあたる。

(総会の決議事項)
第19条 次に掲げる事項は、総会の議決を経なければならない。
会則の制定または変更
解散及び残余財産の処分
会費の額及びその徴収方法の決定または変更
その他理事会において必要と認めた事項

第5章 理事会

第20条 次に掲げる事項は、理事会の議決を経なければならない。
活動を円滑に行うための方針に関する事項
総会招集及び総会に付議すべき事項
会則以外の規約等の制定または変更または廃止に関する事項
その他理事会において必要と認めた事項

第21条 理事会の議事は、理事の過半数が出席し、その過半数で決する。ただし、書面または代理人をもって議決権を行使しようとする者は、出席者とみなす。

第22条 理事会は、必要に応じて代表が招集する。

第6章 監査

(監事の職務)
第23条 監事は、当会の行事を監査し、その結果を理事会に報告しなければならない。
2 監事は、必要に応じ、理事会に参画し、意見を述べることができる。
3 この会則に定めあるものを除き、本会の監査について必要な事項は細則で定める。

第7章 会計

(会計年度)
第24条 本会の会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。

(会計の実務)
第25条 会計係を役員外から1名会員の中から代表が選任する。
2 会計係は理事及び監事が兼務することはできない。
3 この会則に定めあるものを除き、本会の会計について必要な事項は細則で定める。

(会計係の報酬)
第26条 会計係の報酬については総会で決める。
2 会計係の旅費については支給しない。

第8章 公印

(公印の制定、管理、使用)
第27条 本会の業務上作成された文書に使用する印章で,その印影を押すことにより当該文書が真正なものであることを認証するために公印を作成する。
2 公印の種類及び寸法は別表に定めるものとする。
3 公印の管理責任者は本会代表とし、公印が適切に使用されるよう管理しなければならない。
4 公印の使用を必要とする場合は,公印を押印しようとする文書に決裁ずみの決裁書等を添えて、管理責任者に公印の使用を請求するものとする。
5 前項の規定による公印の使用の請求があったとき、管理責任者はその決裁書等とを照合したうえで押印しなければならない。
6 前項の規定により公印を使用した際は、公印使用簿(様式4号)に所定の事項を記載しなければならない。
7 公印の管理責任者は、公印の紛失、公印の不正使用その他公印に事故があることが明らかになった場合は、速やかに理事会に報告しなければならない。この場合において、理事会は速やかに適切な処置をとらなければならない。

(別表)
公印(角印)「長崎新社会人ネットワーク代表」
——————————————————————————–
付則
この会則は平成16年9月12日より施行する。
この会則は第二回総会(平成17年6月18日)より施行する。
この会則は第六回総会(平成22年11月27日)にて承認を受け、平成23年1月1日より施行する。

この会則は第七回総会(平成23年11月26日)にて承認を受け、平成24年1月1日より施行する。
この会則は臨時総会(平成24年5月20日)にて承認を受け、平成24年5月20日より施行する。
この会則は第九回総会(平成25年12月14日)にて承認を受け、平成26年1月1日より施行する。

以上